プライバシー ポリシー
人を愛し、人を尊ぶ「和敬」の精神 人を愛し、人を尊ぶ「和敬」の精神
人を愛し、人を尊ぶ「和敬」の精神
人を愛し、人を尊ぶ「和敬」の精神


お知らせ
お知らせ
  教育方針
附属加古川幼稚園は昭和42年4月、幼児期の子どもの望ましい成長発達を助長する幼児教育の機関として創設されました。
本園の母体である「睦学園」は聖徳太子1300年祭を記念して大正12年(1923年)に創設され、人を愛し、人を尊ぶ「和敬」の精神は本園の教育の柱となっています。
恵まれた自然環境の中で四季を存分に味わう生活から子ども達の心情は五感をとおして育つ心の教育となっています。
満2歳児(認定子ども園児)は
母子分離の第一歩、保育者と友だちとのかかわりを楽しませたい。
生活習慣の育成については細部にわたり日々の指導にあたります。
年少児は
幼児集団生活の場で楽しさや嬉しさを味わい、登園する喜びを感じさせます。
友だちと一緒に遊ぶ、ごっこ遊びや活動で充実感を味あわせていきます。
日常の生活習慣については、くり返しの指導を行ない、生活する力をつけ情緒の安定した生活を展開します。
年中児は
園生活で自らの力を発揮し、興味関心のあるものに主体的にかかわる行動力を育てたいのです。
多面的な活動の場で自らの個性を表出させていきます。
年長児は
幼稚園生活のすべてに自信をもち、全園児のリーダーとして活躍する生活姿勢を育てます。
知性・感性・創造性・社会性・道徳性などを身につけ総合的に生きる力を養っていきます。

附属幼稚園としての特色
睦学園は2幼稚園、1中学校、2高校、大学、短期大学部、大学の7校園を有する総合学園です。
兵庫大学附属加古川幼稚園と同附属須磨幼稚園は姉妹園であり、両園は地域の実状に合わせて活動を展開しています。
兵庫大学短期大学部保育科との連携から年間、学生の教育実習の場になっています。園児は実習生との遊びから、人とかかわる力も日常生活の中で育ち、友だちや教師とのかかわりを共に園生活を楽しみます。
両園の教師及び保育科教授との保育実践研究などを開催し、当面する諸課題について協議し教師の資質の向上に努めています。
加古川幼児教育センターの設立から幼児教育相談・子育て支援・子育て学習会・預かり保育・ひよこクラブ・ママクラブなどの事業を展開しています。
環境としては睦学園加古川キャンパス内の2万3千uを専用園地として、豊かな自然の中に位置し、保育室・職員室・園長室、遊戯室を中心に園児の集団生活や活動が展開されています。
チャイルドガーデンを設置し、四季の花、実のなる木、芋畑など植栽し、自然観察や果実の収穫を楽しんでいます。
ページの先頭へ ページの先頭へ